マッスルプレス プロテインの最安値

40代がハードワークの筋肉減少で大ピンチ!?太っているより危険なこと

更新日:

ハードワークを闇雲に続けている人は、食生活や健康に注意しないと、後で後悔することになりますよ。

もし、あなたがまだ20代、30代の若者ならピンとこないかもしれませんが、いずれわかるときがきます。

自分と、それをとりまく同世代の人たちが、いっせいに老いはじめ、当たり前だと思っていた健康を失っていくのです。

それを防ぐためには、体の筋肉を構成するタンパク質、つまりプロテインを意識的にとる必要がある、という話をこれからします。

 

↓↓↓↓ここで取り上げるアイテム

>>男らしい体を目指せ!屈強な戦士のためのプロテイン!

40代以降は「痩せていればOK」ではない理由


若い頃は健康なのが当たり前で、病気や死について考えることなんてありません。

健康について考えることといえば、「最近ちょっとお腹が出てきたかな」程度のライトな悩みくらい。

ところが30代、40代と年齢を重ねると健康問題が切実な現実として迫ってきます。

40代近くになると、同級生がすでに数人は亡くなっていたりするでしょう。

かつてはキラキラと輝いていた同世代の有名人も病気になったり、あるいは急に老け込んだりし始めるのも、だいたいこれくらいの時期から。

次第に、自分の健康についても、「当たり前ではないんだ」と気づきはじめます。

ここに運命の分かれ道があります。

もし、若いころからなんとなく引きずっているイメージのままで、健康的な体とは「お腹が出ていないこと」「痩せていること」だと考えていると、老化はますます加速してしまうでしょう。なぜでしょうか?

40代以降の筋肉減少は本当にやばい!


若い頃のガリガリの体型というのは、おしゃれな服装も似合うので結構モテたりしますよね。

ところがある程度の年齢になると、モテる男性の中からガリガリの男性が姿を消します

昔は、ガリガリ=スマートだったはずなのに、いつからか、ガリガリ=貧相というイメージに。

実際問題、40代以降でガリガリだと実年齢よりもかなり老けて見られることに。

「頼りない」「お金に困っている?」「どこか悪いのかな」「自己管理ができない人なのでは」と、悪い印象ばかり。かつてのように、「スマート」とは誰も見てくれないのです。

ハードワークで筋肉が減る理由

「筋肉がしっかりついて体脂肪が少ない」といった、絞れた体ならいいのですが、アスリートでもない普通の社会人にそのような人は非常に稀です。

たいていは、筋肉が少なくなってガリガリ。または、筋肉が少なくなった上で、体脂肪だけが増えてプヨプヨ、のいずれかに。

特に、これまで体のことを考える暇もなく、がむしゃらに仕事に打ち込んでいた人ほど、筋肉量は悲惨なことになっています。

ストレスホルモンで筋肉が分解される!?

栄養のことを考えずに、若さにまかせてハードワークに没頭してきた人は、ガリガリまたはプヨプヨの体になりやすいでしょう。あなたは大丈夫ですか?

このまま体力が低下し、それに伴って根気や、負けん気までも失われてしまえば、大好きな仕事でも結果を出せなくなってきます。まさに、ぬれ落ち葉。若い人たちからは、「ああいうオッサンにだけはなりたくない」と陰でささやかれています。

こうなってしまうのには、ちゃんと理由があります。

ハードワークは体に強いストレスを与え、ストレスホルモンである「コルチゾール」を通常の数十倍も分泌します。コルチゾールには筋肉を分解して一時的にエネルギーを生み出す働きがあります。

自然界で命を失うような危機的な状況では、このコルチゾールが、今この瞬間の活動を支えるエネルギー源を生み出すのですから、一概に悪者とはいえません。

しかし、平和で近代的な生活の中において、コルチゾールはただ無暗に筋肉を分解し、さほど必要でもないエネルギーを作り出してしまう迷惑な存在といえるでしょう。

ハードワークを続けることは、強いストレスによって「今は命を失うかもしれない危機的な状況だ」と体を錯覚させること。そうなれば、コルチゾールが分泌されます。

これを防ぐには、「大丈夫だ!今は危機的状況などではない」と分からせてやる必要があります。そのために有効なのがプロテインです。

筋肉を増やすにはプロテインが必要

プロテインは筋肉を構成する材料として使われます。

そして、もうひとつ重要なのは、プロテインを摂取すると「筋肉を合成せよ!」というメッセージが体中を駆け巡ること。

「筋肉を分解せよ!」と命令するコルチゾールとはちょうど反対の働きが、プロテインにはあるのです。

日々のハードワークでコルチゾールが分泌されやすい人ほど、プロテインが必要です。

さらに、プロテインには、男性らしい筋肉質な体を作るのに不可欠な「テストステロン」という男性ホルモンの分泌を安定させる効果もあります。

いつまでもバリバリと、カッコよく働きたい人は、プロテインを上手に取り入れるのが有効です。筋トレと組み合わせれば、さらに効果は高まり、いつまでも若々しい肉体を保つことができるでしょう。

コスパ重視ならマッスルプレスのプロテイン

「どうしてプロテインをすすめるんだ? 肉や魚ではダメなのか?」と思わる方がいるかもしれません。

もちろん、肉や魚でも大丈夫です。というより、肉や魚から必要なタンパク質が補えるならそれが一番よいでしょう。

しかし、肉や魚で必要なたんぱく質を補おうとすれば調理が大変です。また、肉や魚の食材の値段は、プロテインパウダーの何倍もします。

もし、時間とお金には不自由しないという方であれば、肉や魚といった自然の食品からタンパク質をとってください。ただ現実問題として、そんなことができるのは、人口の数パーセントいるかいかないのセレブだけでしょう。

プロテインは時々とるものではなく、毎日とることが重要。特別なお薬のようにして使うのではなく、ご飯やお味噌汁のように、あって当たり前の存在として生活の中に溶け込ませるものなのです。

マッスルプレス プロテインの最安値は?

プロテインは頻繁に摂取するものだからこそ、コストパフォーマンスは最重要課題となります。下の表をみてください。

ブランド 価格/内容量 1gの価格(1食30gの価格)
ザバス 5,550円(1,050g) 5.28円(158.5円)
ゴールドジム 6,200円(900g) 6.88円(206.6円)
マッスルプレス 3,250円(1,000g) 3.25円(97.5円)

こちらは国産の信頼できるプロテインの価格を比較したものです。

まず、「ザバス」は最も有名なプロテインでしょう。コンビニや薬局で見かけることもあります。

次に「ゴールドジム」はマッチョたちが筋トレをする大手ジム。ちょっとマニアックですが、筋トレをやっている人なら知らない人はいません。

そして、「マッスルプレス」は、元プロボクサーの長谷川穂積さんがこちらのHMBを愛用していることで有名な国内メーカーです。

3社を比較してみて、どう思われますか?

定価を見ただけではピンときませんが、このように1回あたりの費用まで計算してみると、その差は歴然。

もちろん、3社とも「アミノ酸スコア100」の高品質なプロテインです。品質については、どれを選んでも満足できるでしょう。

しかし、価格を比較すると、マッスルプレスのコスパが圧倒的に優れているのが分かります。1回あたり100円以下で利用できるのはマッスルプレスだけ。缶コーヒー1本、ペットボトルのお茶1本よりも断然安いのですから、これを活用しない手はありませんよね。

 

今だけ!1250円OFF


マッスルプレス の購入ページへ

サプリメント情報

HMBマッスルプレスでトレーニング 1

HMBマッスルプレスは筋肉づくりを強力にサポートしてくれるサプリメント。普通の食事からとるのが難しい量のHMB(エイチ・エム・ビー)を簡単に補給できます。ここでは、HMBマッスルプレスを最安値で購入す ...

BCAAマッスルプレスでトレーニング 2

このページを見てくれている人は、既にBCAAの効用についてはよく理解されていることでしょう。 ここでは基本的なことだけをおさらいし、さっそく最安値情報をチェックしたいと思います。 プロテインよりもBC ...

アルギニン×シトルリン マッスルプレスでトレーニング 3

アルギニン×シトルリン マッスルプレスは筋トレを本格的に行う人や、アスリートのパフォーマンスをアップさせてくれるサプリメント。 もちろん、筋肉を効率よくつけるのにも役立ちます。 他にも興味深い報告があ ...

-マッスルプレス プロテインの最安値

Copyright© 筋トレ探訪 , 2020 All Rights Reserved.